福岡、記憶。

福岡ツアー写真レポート!


アップルストア福岡天神の皆さんと!ほんとにいい雰囲気お店で気持ちよくライブが出来ました〜*


ライブハウス四次元 出演者関係者打ち上げ!!博多の猛者共に気をつけろ!笑 出演者みんな最高でした!四次元の皆さんも最高です!
続きを読む >>

ウタインザライフ.METRO

ウタインザライフ.METROが終わりました。
続きを読む >>

YASUKIYOライブ

YASUKIYOさんとの共演atMOJOWESTが終わった。

高校のころ、いつもラジオで聞いていた「うれしくて」は泣きそうになった。

まためぐりめぐって会える日が来る。「うれしくて」はそんな歌。
まさに歌のとおりに、YASUKIYOさんとめぐりめぐって、こんどは同じステージにたった。ありがとうございました。

前日にYASUKIYOさんがαステーションにゲスト出演したとき、空中ループの話しをしてくださいました。
ラジオで聞いた!ってひとは、多分その放送を聴いたのでしょう。

あの日はお客さんも最高に暖かかった。間違いなく、今年もっともお客さんとの距離を近く感じたライブのうちの一つだろう。

ありがとうございました。


さて次回は、新年0時35分からのライブ。だんだん参加者も増えてきました。みんな一緒に年越そう!

ではでは。

空中新風館

新風館ライブを終えた。

chori、みかとやすのステージは素晴らしかった。

空中もたのしめた。

うん、やっぱり無料とか、野外とかっていうこともあってか、見てくれている人がいつもとは微妙に違っていたのかな。

やはり、温故ニュウスタイルということもあってか、お客さんは多かったし、立ち止まってくれる人も結構いたはずで、とても嬉しく思う。

ただ、新風館にいた人全員がステージ前に集まればあんなもんじゃなかったはず。ほぼ全域に音は行き渡っていたし、ショップの店員さんとかも含め、もといっぱい集まって騒動になる、くらいのことは目指すべきだろう。

ライブが始まる前に、いわゆる「呼び込み」をしなかった、そういえば。あれをやるのとやらないでは大分違ってくる。以前のバンドのときにはやっていただろう。なぜやらなかったのだろう。毎回ベストを尽くそうと思っているのに。


この「呼び込み」に関しては、しばしば議論が起こる。

自分の大好きなアーティストが、ライブ前にビラを持って、
「ライブありまーす、来てくださーい」
とかやるか、と。

お客さん的に、そんなアーティストを見て興醒めしないか、と。

僕はなんにも気にならないが、(むしろ好感)
実際どうなんだろうか。


といっても、今はとにかく一人でも多く人に聴いてもらうためにベストを尽くす。これに尽きる。


寒いなか来てくれた人たちに、本当に感謝したい。





東京ライブ、ありがとうございました

■東京ライブ写真

代々木ラボにて出会った、写真家:らぃぉんハートさんが、空中ライブの様子をご自身のフォトログにアップされました!

→http://fotologue.jp/tikitikiheart#/1580751/1581136

身に余る、クールなフォトグラフたち!是非ご観覧ください。



■東京ツアー無事終了

共演者、お客さん、ライブハウス関係者等々、ほんとに良き出会いに恵まれ感謝します。良いバイブスいただきました。
次回は2月1日に決定!今度は空中バンドの面々を引き連れて行こうかと計画中。派手にやりたい。
新しい音源も出来るころやし、京阪神東名あたりも周りたいけど、手を広げすぎてもあれだしなあ、としょぼーく悩み。

旅をしながらライブ巡業という、いわゆる「ツアー」というやつは、前のバンドで何度かやったが、ほんとに楽しい。
絶対出会うことのなかったはずの、自分とは違った環境や文化で育ってきた各地の人たちと、ほんとに偶然的に出会い、また音楽的フィーリングがあった時のあの喜び感、高揚感。なんであんなに涙が出るほど熱くなれるのかな。
これが海外とかだったら、もっとすごいのかな。

そういえば今回渋谷で、あるイギリス人がCDを2枚買ってくれて、なんで2枚もって謎だったけど、一枚は国の母に送る、と。
もうとっても感動して、普通考えられます?自分が気に入った音楽を母に買って送るなんて。みんな普通にやってることなのかな。僕は絶対したことないけど、文化の違いなんでしょうか。
とにかく感動して、だったらもっと良い曲書いときゃ良かったって思ったり笑 もっともっと良い曲書きたい、書くべきだってモチベーションに上がりまくった。
今は、「空中ループ?」って鼻で笑われることもあるかもしれないけど、そういう人たちを絶対に見返す。という念に燃え、良いと言ってくれる人たちの為にもっともっと良くしていく。
さらに自分も、50年後とかにほんとの意味で燃え尽きて死ぬために、今から燃えている秋の夜長でした。

秋の夜長に迷い込み 永遠に続くと思った


■空中○○○

空中ループは来年にかけて曲つくり。と、ライブでの新しい可能性を模索中。
バンド編成でのライブは、まずは成功したと言っていいだろう。
で今度は、もうちょっと小規模でありながらも、複数の人間で音楽を奏でることの奇跡的化学反応を起こせるような編成を計画中。
具体的に頭にあるミュージシャンは、HOPEの森ちゅん(ベース)、ナボワのひらくさん(バイオリン)。明日から詰めていきます。

温故ニュウスタイルを終えて

昨日、温故ニュウスタイルを終えました。

なんと見応えのあるイベントだったことか。出演者としてもつくづくそう感じました。

choriくん、出演者の方々、MOJOwestのスタッフさま、なにより来てくださったお客さんに感謝あるのみです。

お陰様で会場にあったCDも完売!!!!!!!!!!
それでも欲しいという方々には郵送することになりました。嬉しい限りです。

もしこのブログを見て「CD欲しかった」という方がおられましたら、郵送いたしますのでご一報くださいね。

空中ループWEBにはBBSがありませんので、ここにコメントくださっても結構です、とても嬉しいです。


いつも温故ニュウスタイルには良いフィーリングをもらえています。ありがとう。

さて、明日もライブです!


□10月1日(日) @ネガポジ

Artist| 空中ループ/hope/and more!!!!!!!
Fee| adv¥1000
Open| open 18:00 start 19:00

素晴らしきvoxライブ

今日も、ここではないどこかに行けました。


ひっさびっさのVOXHALL。懐かしき思い出もありつつ、あと何回このステージに立って、歌っていられるのか、とか思いました。

いずれかは死んでいく僕は、あと何曲書いて何回うたえるのだろうか。それが50年後でも60年後でも、もうカウントダウンは始まってるのですね。


こんなことを連想させるとは、良いライブだったということにしよう。また秋ごろにやります、VOXHALLでは。


来てくれた皆さん、ありがとう!!!!!!!!!!!!!!


さて、次のライブは東京。。。詳細は追って告知いたします。一番近い京都のライブは8月21日たくたくかな。

ではでは、また!(明日からフジロックに行って参ります)

おかんイベントin神戸スタークラブ

神戸スタークラブにて、「おかん」のイベント。

お母さんではない。ロックバンド「おかん」のイベント。


大変素晴らしかった。おかん人気あり過ぎでした。満員だったし、おかんの一途な躍進っぷりに負けないようにしないと。ほんとにありがとうございました。

バオバブ宇宙にて



本日、WEBでの告知なしで、京都北白川のマリ共和国カフェ「バオバブ」にて演奏いたしました。

通常のライブとは違って、弾き語りの流しのような感じでやりました。

正直、序盤戸惑い。食事やお話をしに来ている人たちに対して音楽を響かせるということはほぼ初。

そのうちにこれは、会話に対して音楽をつけるような感覚、ちょうど映画音楽をつくるような感覚に近いということに気づき波に乗ってきた。

会話が途切れたところに軽く熱唱気味で歌を挟んでいく。この繰り返しに軽くトランスし、気づけば1時間以上、歌っていました。気持ち良かった。「バオバブ」という宇宙に浮かんでました。


新しい経験ができたようで、よかったよかった。

69nano

さっきnanoライブを終えました。

今日はドラムセット無しのゆるーいライブかと思いきや、皆さん自分たちの音楽を持ってダイレクトにオーディエンスに響いてくるような、面白いイベントでした。とくに「ハレルヤ」さんは前に一度見たことがありよく覚えていて、また見れて良かったよかった。

ちょっと小さなハコ「nano」ですが人もいっぱい、嬉しい活気でした。


空中ループのライブはと言うと、やはり小松氏とのコラボ。最初は手探りでしたが、後々はいつものごとく叫んでました。やはい小松さんのピアノはイイ。妙な安心感さえ沸くようになってきた。


お客さんとのコミュニケーションも今日は一段と取れました。

ある人の言葉。

「(空中ループのライブは)雲のようにふわふわ浮遊してるけど、時には大雨、雷を放ち、虹も見えたりする。」

なんと嬉しい表現。

もう一つ。

「深夜放送している邦画のよう。」

なんのこっちゃですが、なぜか悪い気はしない、というかむしろ嬉しいお言葉でした。邦画好きなので。


次のライブはネガポジです。次回はどんな人たちと出会えるのだろうか。非常に楽しみにしつつ、もっとよくしていきます、空中ループ。


↑ライブ終了後、小松氏と
        
links
空中ループ/小さな光PV
空中ループ/光年ループPV-1

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
selected entries
recent comment
categories
archives
profile
search this site.
others